保険クリニックとは

あ行

一時払い
(いちじばらい)
保険期間全体の保険料を1回払いで払い込む契約方法のことです。保険料は、月払いや年払いで払い込む総額と比べて、最も安くなります。 一方、死亡などにより保険金が支払われて契約が消滅した場合、 前納(月払いや年払いの保険料を何年分か前払いすること)などでは、 払込期月に到来していない分の保険料と別に払い戻さます。これに対し、一時払いでは保険料の払い戻しはありません。
転換契約などでの下取りや、契約時に払い込んだ頭金も、一時払いと同じ扱いになります。
なお、保険会社や保険の種類によっては、払い込み方法が決まっていて、一時払いを選べないものもあります。
一入院支払限度日数
(いちにゅういんしはらいげんどにっすう)
一入院支払限度日数 とは一回の入院で入院給付金が受け取れる日数の限度のことです。
 一入院支払い限度日数は30日・60日・120日・360日・730日・1000日などのタイプがあり、 長くなるほど保険料は高くなります。
  また、ガン・心筋梗塞・脳卒中の場合は支払い期限無制限というタイプも発売されています。  同じ病気やケガが原因で短期間で再入院した場合は、1回の入院と見なされ、 支払い限度日数は前回の入院日数と合算されます。
 退院の翌日から180日以上経過後に再入院した場合には、新たな入院と見なされる事が一般的です。
1泊2日入院
(いっぱくふつかにゅういん)
1泊2日入院 とは今日入院して明日退院することです。
 従来の保険では
  • 5日以上の入院で5日目から保険金を受け取れるタイプ
  • 病気で8日以上・ケガで5日以上の入院で1日目から給付金を受け取れるタイプ
が主流でしたが、最近では
  • 1泊2日の入院や日帰り入院でも給付金が受け取れるタイプ
の保険が増えています。
一般勘定
(いっぱんかんじょう)
運用実績に関わらず保険金額が一定である「定額保険」の資産を管理運用する勘定のことで、 運用実績にかかわらず一定の予定利率を契約者に保証しています。
医療保険
(いりょうほけん)
被保険者が病気またはけがにより医師の治療を受けた場合に、 所定の保険金を支払う保険です。
 単独の形態によるもの(代表的なものとして、生命保険会社による医療保障保険、損害保険会社による医療費用保険)と主契約への特約付加の形態によるものとがあります。
医療給付金
(いりょうきゅうふきん)
病気・けがなどで入院した時に支払われる保険金のことです。
 入院給付金、看護給付金、手術給付金などがあります。
祝い金
(いわいきん)
事故の発生時ではなく、子供の学齢期や、一定の期間を経過した時点で生きていた場合等に、保険会社から受け取れるお金のことです。
延長保険
(えんちょうほけん)
保険料の払い込みを中止しても、それまでと同額の死亡保障を定期保険として継続する方法。 保険期間は、その時点での解約返戻金を元に計算される。 解約払戻金が少ない場合、変更できない場合があります。また、保険の種類によっては利用できない場合があります。