株式会社ライフ・ファクトリートップ > 個人のお客様 > 各種個人保険のアドバイス

各種個人保険のアドバイス

医療保険/ガン保険

入院や手術に備えるために、医療保険への加入をお勧めします。
病気にかかったときに一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。

【医療保険】
病気・ケガを幅広く保障し、入院時や手術時などに給付金を受け取ることができる商品です。最近では入院時の医療費3割の自己負担分や公的医療保険適用外の治療費やその他入院時にかかった諸経費を補償してくれる実損填補型の医療保険もあります。

【がん保険】
がんだけに保障を絞り、がんになったときの保障を手厚く準備するための商品です。

【三大疾病保険】
がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病(=特定疾病)を保障する商品です。三大疾病保険は、治療費にも充当できるよう、三大疾病になったら“生前に”保険金が給付されるという点が大きな特長です。

生命保険

高額の死亡保障は必要な期間を考え定期保険で準備しましょう。
長期間必要となる保障は終身保険で検討することをお勧めします。

【定期保険】
ある一定期間を保障する商品で、保険期間中に亡くなられた場合、死亡保険金が支払われます。終身保険に比べ、安い保険料で高額な保障を得られる商品と言えます。

【終身保険】
終身保険は、保障が一生涯続き、万一の際に必ず保険金が払われる商品です。また、解約返戻金が貯まりますので、貯蓄性を兼ね備えた商品とも言えます。

学資保険

貯蓄型か保障型か、保険金額は?保障の内容は?・・・などどちらのタイプもメリット・デメリットがあります。
保険会社によっても、多彩な種類の学資保険(こども保険)がありますので、株式会社ライフ・ファクトリーでお気軽にご相談ください。

介護保険

『公的介護保険制度』で介護の大部分がまかなえるわけではなく、『公的介護保険制度』で対応できるのは必要最低限の サービスとなります。そのために「より快適な老後を」「介護状態になっても子供たちには負担をかけたくない」などの理由で、『公的介護保険制度』の上乗せとして民間の保険会社が取り扱う介護保険の注目度が高まっています。

年金

貯蓄性が高い保険を検討しましょう。
資金が必要になる時期にあわせて、保険を選択しましょう。

【個人年金】
将来の年金額が加入時に確定している年金保険です。個人年金保険料税制適格要件を満たす場合、一般の生命保険料控除とは別枠で、個人年金保険料控除を受けることができます。

【変額個人年金】
特別勘定の運用次第で将来受け取れる年金額が増減する年金保険。複数用意された「特別勘定」の中から自分で種類や割合を組み合わせて保険料を運用します。運用次第では大きく増やせる可能性もありますが、運用がうまくいかなければ逆に元本(払込保険料)割れすることもありますから、仕組をよく理解して上手に利用しましょう。

【終身保険】
終身保険は、保障が一生涯続き、万一の際に必ず保険金が払われる商品です。また、解約返戻金が貯まりますので、保障と同時に長期的な貯蓄の機能も備えています。

【養老保険】
満期保険金を受け取る前に万一死亡しても、満期保険金と同額の死亡保険金が支払われるので、「必ずある一定の資産を作りたい」というときに適した商品です。

海外旅行保険

海外旅行時のさまざまなトラブルによる損害を補償する保険です。
ケガや病気を補償するだけでなく、持ち物の盗難や破損の場合も補償されます。

自動車保険

自動車保険には幅広く補償する【任意保険】と、加入が義務付けられている【自賠責保険】の2種類があります。

任意保険は、万一の事故によって負うことになる高額な賠償金や、自分がケガなどの被害にあった場合の補償など、各種の補償が組み合わさっています。
それぞれの補償内容を理解し、過不足のない補償を選ぶことが大切です。

傷害保険

傷害保険は国内外を問わず、家庭内や職場内・通勤途中・旅行中などで、交通事故をはじめとした様々な原因でケガをしたり、命を失ったりというリスクに備えるための保険です。
スポーツをして骨折したり、通学中に事故にあったり、旅行中にケガをしたり・・・。
日常生活では考えればきりがないほどのリスクが潜んでいます。

思いがけないケガのときあなたの備えとして、大切な保険といえます。

火災保険/地震保険

火災保険は、お住まいを守る大切な保険です。

しかし実際に火災が発生した場合、建物だけが燃えるということはまれです。建物の火災保険だけでは、家財は対象となりませんので、家財もカバーした火災保険のご加入をお勧めします。
また火災保険では地震・噴火・津波、またはこれらによる原因とする損害(地震等により延焼・拡大した損害を含む)は補償されません(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)ので、地震保険も加入しておくことをお勧めします。
最近では、火災保険に地震の補償がオプションで付けられるものも登場しています。