株式会社ライフ・ファクトリートップ > 法人のお客様 > 各種法人保険のアドバイス

各種法人保険のアドバイス

税の軽減、経営の安定化

効果的な税金対策は税法を熟知していなければできません。その仕組みも分かりにくいことが多いうえに、それぞれの会社の個別事情に合わせて行なうため、情報として出回りにくいのではないかと思います。プロのアドバイザーが効果的な節税方法を提案します。

退職金

退職金を確実に支給できるように生命保険を活用している会社は多いと思います。従業員だけでなく役員退職金の準備にも保険をうまく活用しているところもあります。保険を上手に活用すれば、万一の場合の保障と退職金の財源を同時に準備することができますし、保険料を損金算入し経費とみなして、法人税負担を減らすメリットがあります。

海外旅行保険

海外出張や駐在に対応した海外旅行保険。
企業包括契約では、各種割引が適用可能な場合があるため、通常の海外旅行保険に比べて割安になるなど、各種メリットがあります。

自動車保険

法人所有である段階で、個人用の商品を選択できなくなり、各社ともに大差がないのが現状
です。しかし、社有車だからこそ見直すことができる補償や、増車・廃車時にコストを削減
することが可能になります。

傷害保険

企業向け傷害保険には、被保険者を特定せずに人数だけを合わせる「準記名方式」や、その企業の売上高で保険料を算出する「売上高方式」などがあります。 職種によって保険料率が違う為に、人数や職種によっては「準記名方式」で加入した方が保険料は安くなる場合と「売上高方式」の方が保険料が安くなる場合とがあります。
加入される場合には、「誰に」「どの様な補償を」「どれだけ」保険を掛けたいかを明確にして、各社商品を比較検討してみて下さい。

賠償保険

業種により様々なリスクがあり、大きく分けて3つの保険に分けられます。

【施設賠償保険】
業務に起因する施設の管理上、人・物に損害を与えた場合

【生産物賠償保険(PL保険)】
製品納品後、又は仕事の結果発生した損害
 
【請負賠償保険】
まさに仕事中、作業中に起こった損害  

火災保険/地震保険

主に商店や事務所の火災・落雷・爆発・風災・地震等の損害に加え、水災・盗難・電気的機械的事故・偶然な破損事故による損害まで、さまざまなニーズに応じた商品があります。